ご専用 シャネル ショルダーバッグ 確認

April 05, 2010

夜逃げします。

ドリコムブログから引っ越してはきたものの、ライブドアブログは私には住みづらいようなので、別の場所に新しいブログを作りました。
家財一式はここに放置して、身一つで新天地へ旅立ちます。

私の消息をお知りになりたければこちらへ。
↓ 
セリーヌ celine マカダム ボストンバッグ レディース pvc ブラウン

March 31, 2010

引越し

とりあえずドリコムブログから引越ししました。
ライブドアブログで続けるかは未定ですが、過去記事とコメントを保存したかったので引越しすることにしたのです。 

February 11, 2010

つれづれ

久しぶりに適当に更新してみるか。

公募に出す小説の構成を考えようとしているのだけど、ちっともうまくいかない。ハコガキとか、シナリオ作成術みたいなのでも勉強しようかな。

今ちょっと考えてるのは、ユートピアを創造するために、科学者になろうとする少女のお話。彼女が発明しようと考えているのは「暗闇の保育器」。子どもを胎児の段階でその中に移し、数年間育成する。その間、この世のありとあらゆる不幸を教授する。そして一定期間が経った後に「それでも君はこの世に生まれたいか」と問いかける。そして「イエス」と答えた子どもだけが生まれ、「ノー」と答えた子どもは処分される。これで「望んで生まれた人間」だけが存在するユートピアの出来上がり。
望んで生まれた人間なんか、現実の世の中には一人も存在しない。誰も彼もがわけもわからないうちにこの世に放り出されて、わけもわからないうちに死んでしまう。本当に不幸なことだと思う。もし私が暗闇の保育器の中で、不幸を予め教えられた状態で、それでも生まれたいかと問いかけられたら、「生まれたくない」と答えると思う。しかしそういう風に問いかけに答えられるという時点で、既に生まれていることになるんだよね。ああ、不条理だ。
そりゃあ幸福を感じないこともないけれど、その後は決まってその数倍以上の不幸にみまわれる。束の間の幸福は、悲しみの輪郭を際立たせる。
暗闇の保育器の少女の目論見は幼くて、ピントはずれだけど、私はそういうピントはずれな幼さ、純粋さにものすごくひかれる。暗闇の保育器の少女のお話を書くとしたら、その同級生を語り手にして書こうと思っている。
かなり前に、人の気持ちがわからない女の子のお話を書いた。短いやつ。ヘタクソなので誰にも見せてないけど。その少女は友達が欲しくて、人の気持ちを理解できるようになるために、一生懸命に脳科学を勉強しようとしている。たまたまその少女の部屋を訪れたクラスメートが、難しい名前の書籍が並んだ少女の本棚を見て、「どうしてこんなものを読んでいるの?」と訊ねる。少女は自分の気持ちを打ち明ける。クラスメートは深い悲しみにうたれ涙を流す。けれど少女は、どうしてクラスメートが泣いているのかわからない。それだけのお話。うん。閉じてるし、広がりもないね。普遍性なんかないです。

基本的に私は、主人公を愛することができないと、小説を書けない。それがマイナスに働いていることもあるようだ。
前に某所に小説を晒したとき、「主人公の少女が作者の愛情を受けてどこまでも苦しく美しく描かれている一方で、それ以外の登場人物への愛情の薄さが気になる。読者が主人公を愛し、主人公に敵対する人物を嫌うように仕向けているという、作者の作為を感じる」といったような感想を貰って、顔が赤くなるのを感じたことがあった。作者の意図がミエミエだと恥ずかしいよね。
あ、ちなみに私はロリコンではないです。むしろ年上が好き。

あーあ。やる気が起きない。心と体がだるい。でも少しでも書かないとな。

******
最近一番よく聴いているプロコフィエフのピアノ協奏曲第三番。プロコフィエフ、前はそんな好きじゃなっかったんだけどな。しかしアルゲリッチは色っぽいなあ。

アプワイザーリッシェ パンプス

******
ガリガリガリクソンさんを心から応援しています。
マーレット ワンピース